大幅に食事量を減らしてもなかなか痩せられません!

脱毛サロンで脳は活性化する! > ダイエット > 大幅に食事量を減らしてもなかなか痩せられません!

大幅に食事量を減らしてもなかなか痩せられません!

2016年1月19日(火曜日) テーマ:ダイエット

春から夏に向かう季節は、なんだか気分も爽やかになり、ファッションも薄着になって肌を露出するようになりますが、その反面、厚着をしていた期間、見えないからと安心して放置していたムダ毛やカサカサした肌、たるんだヒップや二の腕などが気になってきます。

特に、薄着になることで、たるんだヒップや二の腕、脚などが気になり、恥をかかないようにとダイエットを始めようとする女性が増えてきます。

そんな女性たちが、とりあえず手っ取り早くて簡単に実践できるという安易な思いで始めてしまうのが、無理な食事制限によるダイエット法です。

確かに、痩せるためには、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支をマイナスになるような状況を保っておけばいいわけですが、だからと言って、毎日の食事量を大幅に減らせば痩せられるというほど、人間の体は単純ではありません。

とりあえず、体重の数値だけを落としたいというなら、大幅に食事量を減らして数日過ごせば体重は落ちていきます。

しかし、それは、一時的なものでしかありません。

人の体は少ない摂取エネルギーが続くと、体が飢餓状態と判断してエネルギーを体内に蓄えようとし、逆に消費を減らして省エネモードに入ってしまいます。

すると、大幅に食事量を減らしているにもかかわらず、体重がなかなか減らなくなってきます。

そして、人は生命を維持するためには、ある程度のエネルギーと何種類かの栄養を必ず摂らなければならないので、いつもでも無理な食事制限を続けるわけにはいきません。

その結果、前の食事に戻した途端に、あっという間にリバウンドで元の体重以上に激太りすることになってしまいます。

このように、わざわざ食事を我慢して、結局はリバウンドして悲しい結果に終わってしまうわけですが、そこには、もう一つの大きな問題が発生しています。

本来、ダイエットは余分な体脂肪を減らさなければならないのですが、食事制限で落ちた体重の中身は、体脂肪より筋肉のほうが多くを占めます。

例えば、5キロ体重が減ったとしたら、2キロが体脂肪、3キロが筋肉といった感じです。

なぜ、筋肉量が減ることが問題かと言うと、基礎代謝量と筋肉量は比例関係にあるからです。

ようするに、筋肉量が減ると基礎代謝量が低下して、1日あたりの総消費量が減り、太りやすい体になってしまうということです。http://katominmi.com/

確かに、体重計の数値だけを求めれば、即効性がありますが、本来のダイエットの目的を考えたら、何の意味もありません。

しかも、無理な食事制限から、栄養バランスが崩れて偏ったり、不足することになるので、体調が崩れて健康面の他に肌や髪など美容面にも悪影響を及ぼすことになります。

健康的に痩せて美ボディを目指すなら、食事制限という安易な考えは捨てて、直ぐに劇的な効果は望めないですが、コツコツと筋肉を鍛える筋力トレーニングから始めることがダイエット成功につながります。